はしもと内科医師 脇田です。

 

運動は疲労回復に、絶大な効果があります。

疲れているときこそ、運動すべきです。

最近では、積極的休養と呼ばれます。

 

積極的休養とは、その名の通り積極的に体を動かすことによって

疲労回復効果を高める方法です。

 

消極的休養とは、体を動かさずに休息する方法で、

ごろ寝、家で横たわるなどの方法です。

 

「体を動かすと、さらに疲れるのでは」と思う人がいるかもしれませんが、

運動で体を動かすと、血行がよくなって疲労物質の排出が促され、

疲労回復の効果が高まるのです。

 

実際、運動やデスクワークをしたあと、

積極的休養(運動)と消極的休養(横たわる)にわけて

疲労物質である血中乳酸量を20分後に測定したところ、

消極的休養群では、20-30%の回復だったのに対し、

積極的休養群では70-80%もの回復が認められました。

 

また、プロアスリートも試合翌日を完全休養とはせず、

軽い運動・練習(積極的休養)をとり入れ、

その翌日に完全休養をすることも少なくありません。

 

運動することで、疲労回復効果のある成長ホルモンが分泌され、

睡眠が深まり、血流改善により乳酸(疲労物質)が押し流され、

ストレスホルモン(コルチゾール)が低下し

ストレス発散されるので、疲れがとれます。

 

疲れた人ほど運動です。

疲れているから運動しないではなく、

疲れた人ほど運動することで、

その日の疲れを完全回復することができるのです。

 

はしもと内科のフィットネスセンターでは、

健康増進、病気の予防・改善、体力づくり、理学療法などを目的として、

医学的な要素を取り入れたメディカルフィットネスセンターです。

是非ご利用ご考慮ください。

 

参考文献

ボディワイズ・ノート ボディワークテクニック研究室

http://bodywork.s73.xrea.com/hhpp/kuyou.html

 

**********************************************

医療法人社団明徳会 はしもと内科

総合内科専門医・神経内科専門医

医師 脇田 賢治(医学博士、予備自衛官 予備3佐)

************************************************