みなさま、ぐっすり眠れていますか?

 

はしもと内科 医師 脇田です。

今回は睡眠外来のご紹介です。

 

まず、睡眠不足とは、6時間未満の睡眠時間と言われています。

 

睡眠不足の状態では、集中力、注意力、記憶力、作業記憶等ほとんどの脳の機能が低下します。

睡眠不足で勉強や仕事をしても、

バスタブに栓をしないでお湯を入れるようなものです。

勉強した内容が記憶として定着しづらいですし、

仕事をしても自分の能力にリミッターをかけながら行っている状態です。

 

睡眠不足は、勉強や仕事の効率を下げるだけではなく、

実は、命も削ります。

例えば、睡眠不足の人は、

がんのリスクが6倍

脳卒中のリスクが4倍

心筋梗塞、かぜ、糖尿病のリスクが3倍

高血圧のリスクが2倍

死亡率が十分に寝ている人に比べて5.6倍高まります。

実は、喫煙よりも睡眠不足の方がはるかに健康に悪いことなのです。

 

1日7時間以上の睡眠をどんな仕事や勉強よりも優先しましょう。

 

はしもと内科 睡眠外来では、下記のような睡眠障害の原因を

入院せずに自宅でできる簡易検査や診察、睡眠日誌等を用いて診断し治療を行います。

 

①睡眠時無呼吸症候群

②むずむず脚症候群

③レム睡眠行動異常症

④ナルコレプシー

⑤不眠症

 

また、睡眠外来自体がまだ、珍しいため、名古屋や一宮市など、

遠方からも治療相談受けております。

 

不眠・いびき、無呼吸など睡眠に関するお悩みはすべて対応しておりますので、

お気軽に受診してください。

 

 

**********************************************

医療法人社団明徳会 はしもと内科

総合内科専門医・神経内科専門医

医師 脇田 賢治(医学博士、予備自衛官 予備3佐)

************************************************