はしもと内科医師 脇田です。

 

今回は大変好評を頂いている、

ベルト電極式骨格筋電気刺激法(B-SES:ビーセス)のご紹介です。

 

B-SES(ビーセス)とは、下肢のすべての筋肉を動かす、

全く新しい電気刺激療法です。

全てが電極となっているベルトを両脚の周囲に巻きつけることで、

電気が筒状になって下肢全体に流れます。

 

また、電極の面積が大きいため、電位が分散され、

痛みを感じずに強い筋収縮を行えます。

更に、体内の70%の筋肉を占めている下肢全てを動かすことで、

エネルギー消費を高め、効果的な運動の代用にもなります。

 

B-SES(ビーセス)は、有酸素運動から筋トレの高い運動負荷まで、

症例に合わせた運動をベッド上で安全に実施することができます。

 

よい適応としては、

 

①脳卒中や神経難病,認知症による麻痺や寝たきりのため、

 すでに筋力が低下した患者さんの運動

②強い痛み、意識障害があり筋収縮が行いにくい患者さんの運動

③骨折、脊柱菅狭窄症など整形外科疾患のため、立ったり、

 歩いたりできない患者さんの運動

 

さらに、京都大学の森谷先生の研究をご紹介します。

高齢者(要支援、要介護)41名を対象にB-SES(ビーセス)と

栄養介入の効果を検討されました。

電気刺激+栄養補助食品介入群では筋横断面積及び膝伸展筋力の

有意な増加が認められ、中高齢者23名を対象に筋電気刺激介入群では

脳由来神経栄養因子(BDNF)の減少が緩和されました。

 

これらに結果から、フレイルの改善と寝たきり予防にも

効果がみられるものと思われます。

 

しびれ、いたみ、麻痺、認知症などで

積極的に自分ではリハビリ運動できない方も、

ベッド上で安全にベルト電極式骨格筋電気刺激法(B-SES:ビーセス)を

用いることで運動が可能です。

 

他院のリハビリ施設でうまくいかなかった患者さんも

是非はしもと内科で、ベルト電極式骨格筋電気刺激法(B-SES:ビーセス)を

お試しください。

 

**********************************************

医療法人社団明徳会 はしもと内科

総合内科専門医・神経内科専門医

医師 脇田 賢治(医学博士、予備自衛官 予備3佐)

************************************************